ブログトップ

かわごえ誠一<ぱぱちゃりライダー>ブログ

seykawagoe.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

東京都〜平成24年度宮城県派遣教員結団式&23年度報告会

e0178884_1127163.jpg

3/28に都庁で開かれた、平成24年度宮城県派遣教員結団式と平成23年度派遣教員報告会に行ってきました。
平成23年5月9日から3月31日のべ90人の教員が被災地宮城県に派遣されていました。
内訳は小学校36人、中学校19人、高等学校9人、特別支援学校4人、養護教諭22人になります。

報告会では、3名の方から、それぞれの学校の報告がありました。

過酷な体験をした子どもたちや現地の教職員と、被災当事者でない派遣教員の思いの共有の難しさや、その中で現地の教職員や子どもたちのために力を尽くしてきた苦労がうかがえました。

また、みなさん被災地の体験を東京の学校現場に活かしたいと言っていました。

24年度は25名が宮城県各地の学校に派遣されます。

1日も早く学校生活が復興することを願います。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-30 11:27 | 小・中・高等学校等々

かつしか子どもの本フォーラム二部〜飯野和義さん講演会「おっと、痛快絵本読み語りの旅でぃ!葛飾の宿」

e0178884_19285268.jpg

e0178884_19285280.jpg

3/25(日)の午後は中央図書館でかつしか子どもの本フォーラム第二部、ねぎぼうずのあさたろうの絵本作家、飯野和義さんの絵本講演会「おっと、痛快絵本読み語りの旅!葛飾の宿」が開かれました。

三度笠に脚絆の旅姿で登場した飯野さん。

浪曲風に「あさたろう」を読み語りしたり、「おならうた」の裏話を交えて楽しいお話をしていただきました。

サイン会には多くの親子が並んでいました。

子ども夢基金の助成を受けて、今年で8回目のフォーラム、少しずつ子どもの本の輪が広がってきたかと思います。

これからも子どもの本に関わる人がつながる場所として続くことを願います。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-29 19:28 | 図書・読書ボランティア

かつしか子どもの本フォーラム一部被災地の学校図書館への支援〜全国学校図書館協議会

e0178884_12424273.jpg

3/25(日)はかつしか子どもの本フォーラムが開かれました。
第一部の記念講演は全国学校図書館協議会の森田盛行理事長から、被災地の学校図書館への支援についての話をうかがいました。

現状でも、大事にされていない学校図書館が被災地でも支援が後回しになってしまうとのこと。

それでも、学校現場の話を丁寧に聞きながら支援を進めていることなどうかがえました。


最後に、個人の支援でも、古い本は被災地に送らないでほしいとのことで、気持ちがあるなら支援をしている団体を通して聞いてほしいとのことでした。

私たちができる一歩が見えたかと思います。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-28 12:42 | 図書・読書ボランティア

おやじの会情報交換会〜各校から活動報告

e0178884_1610573.jpg

3/24は区長記念講演の区内おやじの会父親の会の情報交換会が開かれました。

体育館でのキャンプをや、防犯パトロール、運動会など学校行事のお手伝いに活躍する姿や、父親同士の親睦を深めるためのソフトボールやそば打ちなど様々な活躍が紹介されました。

仕事を越え、様々なスキルを持つ父親が集まると、凄い力になると改めて実感。

今おやじの会は区内全部の小中学校にはありませんが、一つでも多くの学校におやじの会ができ、お父さんの交流か広がればいいと思いました。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-26 16:10 | おやじの会

葛飾区長VS葛飾区おやじの会〜青木区長講演会

e0178884_11591070.jpg

3/24(土)は葛飾区おやじの会の第22回交流会でした。
今回は一部として青木かつのり葛飾区長の記念講演がありました。

区長から、自分の子育て体験や父親観から、区の方針など幅広くざっくばらんにお話いただきました。

区長は地域振興部の経験が長く、区と住民のパートナーシップ〜協働がこれから重要になると実体験から話していました。

「おやじの会」が子育てから地域づくりに発展する期待が持てる講演会でした。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-26 11:59 | おやじの会

子ども若者ビジョンについて内閣府からレクチャーを受けました

e0178884_1057317.jpg

先週3/23(金)に、区内関係者と内閣府の担当者から子ども若者ビジョンのレクチャーを受けました。

このビジョンは平成22年の子ども若者育成支援推進法の大綱として策定されました。

現在の子ども若者に関わる様々な問題を、社会全体で包括的に取り組むことがうたわれています。

予算の裏付けがないので、すぐに事業に結びつけるのは難しいとの印象ですが、NPOや住民との協働の基本になるビジョンだと思いました。

このビジョンをいかすために区内でのネットワークを広げていく必要を痛感しました。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-26 10:57 | 子ども若者ビジョン/不登校等

小学校卒業式〜雨で廊下で花道

e0178884_1931151.jpg

e0178884_1931154.jpg

今日3/23は葛飾小学校の卒業式でした。

式の途中から雨になり、最後の花道は廊下でのお別れとなりました。

4月からは中学生。
新しい生活が実り多いことを祈ります。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-23 19:03 | 小・中・高等学校等々

地区委員会研修会〜東京大震災をむかえ撃つ、その時どうする?どう備える?

e0178884_23353512.jpg

昨日3/21は地区委員会定例会の後、研修会「東京大震災をむかえ撃つ〜その時どうする?どう備える?」が開かれました。

阪神大震災の再現ビデオや立石の災害危険度などの紹介の後、耐震補強の紹介がありました。

講師の立石地区委員会研修部長で東京命のポータルサイト理事長の瀧澤一郎さんは震災の時は命をどう守るか常に考えてほしいとの話に、被災地の記憶と重なり切実に感じました。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-22 23:35 | 3.11~震災から

夕日の理科大建設現場

e0178884_16175534.jpg

昨日、夕闇迫る中の理科大建設現場。
来年4月に開設予定。
後1年と少しです。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-22 16:17 | 葛飾の風景~空・水・光

雄勝の仮設郵便局

3/17被災地、石巻の雄勝町で高台の仮設郵便局。
e0178884_167549.jpg

通りがかりにバスから撮りました。
現在も雄勝には郵便局以外の金融機関が無いとのこと。
また、町の中心部が壊滅的な被害を受けたため、秋まで「お金」を使う場所が無かったと、市の職員が話していました。
仮住まいの市の庁舎に自動販売機が入ってはじめて雄勝で100円を使えたとのことでした。
普段の生活では当たり前の経済活動が成り立たない状況が半年も続いていたことに、ハード面以外でも被害の大きさを感じました。
[PR]
by s-kawagoe | 2012-03-21 16:09 | 3.11~震災から